ビジネスノウハウ

ビフォー・アフターがHPへ載せられなくなるかも

先日医療系の仕事に関係するニュースがネット上で話題になりました。

厚労省 医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ

「ビフォー・アフター」をホームページに掲載することを禁止する方針に決めた、というもの。

整体やトレーニングなどは医療機関ではありませんが、お店の紹介に必ずと言っていいほど「ビフォー・アフター」は出てきますね。

続きを読む

【祝】バレエ教師が作った新クラスで補助金採択!

■4月に受講、5月に申請で補助金ゲット!

今年の4月にこちらの講座を受講したバレエ教師のSさんが、5月に補助金に申請し、見事採択されました。

 

「ご報告です!
 補助金、採択されましたー!
 ありがとうございます!」
Sさんからの第一報です。

 

申請した新クラスは、講座の中で作り上げた新しいクラスでした。

 

講座では、三日間の内容に合わせて、Sさんご本人の持っているさまざまな経験や能力を元に、そしてご本人が意欲的に取り組める新しいクラスを企画しました。

 

その新しいクラスで早速集客を開始し、形を作っていく過程で、タイミングを逃さず補助金の申請書を書き上げました。

 

この申請書は、講座の中でお渡ししたテンプレートを元に書き上げていただきました。

 

そして、見事締め切り前に必要書類すべてを揃えることが出来、申請に成功。

 

ここまでが一つの大きな山だったのですが、Sさんは諦めることなくやり遂げることができました。

 

そして、待つこと2か月。

 

先日、採択者の中にSさんの名前を見つけることができました。

 

これで、申請通りの事業計画を進めて行くと、国からの補助金を受け取ることができ、事業を拡大させることがスムーズに出来るようになります。

 

 

■ゼロから始まったクラス作り

このSさんも、講座受講時には、新しいクラスの構想はなかったわけです。

 

講座の中で、知識を入れ、ワークを行うことで新しく作り上げたクラスでした。

 

もし、あなたが、いま自分には具体的な事業のアイデアがなかったとしても、すでにバレエ教師や何かのプロとして活動されているのであれば、Sさんのように新しいクラスを作ったり、売り物を作ったりすることが出来るかもしれません。

 

いや、「具体的な売り物を作るにはどうしたら良いか?」と考えていただいた方が良いかも知れません。

 

その結果を出すために、この講座を使っていただければと存じます。

 

 

■二年連続、受講生が補助金ゲット!

講座としては、昨年の受講生からもこの補助金の採択者が出ていますし、今年の受講生からも出ました。

 

二年連続となります。

 

テンプレートを使ったからと言って、初年度の申請書作成は決して簡単ではありません。
(テンプレートがないととんでもなく大変^^;)

 

今回Sさんは短期集中で書き上げられましたが、これは誰にでも出来ることではないと思います。

 

締め切り直前に駆け込みで仕上げようとすると、間に合わなくなる可能性が高くなります。

 

理想的には、半年から3か月前ぐらいから書き始めて、何度となく修正を繰り返して仕上げていくのが良いと思います。

 

そして、一度書き上げることが出来れば、仮にその年、採択されてもされなくても、翌年からすごく楽になります。

 

体感としては、10分の1から20分の1くらいの労力で仕上げられるようになると思います。

 

あなたも、来年の補助金目指していまから準備を始めてはいかがでしょうか?

 

8月の開催日が決まりました。

 

こちらでご確認ください。

 

【バレエの外堀】を固めよ!

大阪城

「バレエ 整体」
 
で検索すると、ずらりとお店が出てきますね。
 
当方がバレエ教室とバレエダンサー専門の整体院を開業した当初は、ホームページを持つこと自体珍しかったような状況。
 
検索と言えばヤフー全盛で、Googleはまだ誰も知らないような状態でした。
 
いま、「バレエ 整体」で検索する人が抱えているバレエの問題は、おそらく当時もあったと思います。
 
でも、いまと明らかに違うことは、
 
続きを読む

25年ぶりに再会したセミプロ二人の人生を分けたもの

二人の友だち

プロとしてダンスに関わっている皆様へ
 
25年前の春、二人のセミプロダンサーがいました。
二人は、年齢が同じで、通うスタジオも同じでした。
 
レッスン中、
どちらもお手本を任されるほどダンスが上手で、
生徒からも先生からも一目置かれる存在でした。
 
続きを読む

プリエを今後も使い続けるためにすべき一つのこと

骸骨の誤解

先週辺りから、SNSで気になっている話題の一つが「プリエの商標問題」だと思います。
 
あなたも既にご存知かもしれませんね。
 
ご存知ない方は、「プリエ 商標」などで検索してみてください。
 
問題となっている点は次の二つ。
 
続きを読む