ビフォー・アフターがHPへ載せられなくなるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日医療系の仕事に関係するニュースがネット上で話題になりました。

厚労省 医療機関サイトで患者体験談や手記の掲載禁止へ

「ビフォー・アフター」をホームページに掲載することを禁止する方針に決めた、というもの。

整体やトレーニングなどは医療機関ではありませんが、お店の紹介に必ずと言っていいほど「ビフォー・アフター」は出てきますね。

これが今後規制の対象になるかどうかは現時点では分かりません。
でも、

「医療系が禁止されているのに自由に載せられるのはどうなのか?」

という声が聞こえてきそうです。
自主的にも控えようとする人が出てきてもおかしくないと思います。

そうなった時に「ビフォー・アフター」を前面に出してしまうと、ちょっとギラギラした感じに見えてしまうかも知れませんね。

ただ、利用者の立場で考えると、

「このお店、どんなことしているのだろうか?」
「どの程度効果があるのだろうか?」

と言ったことを事前に知りたいのが普通だと思います。

誇大広告は困るけど、事実は知りたいわけです。
私が利用者の立場でもそう思います。

電話帳の医療系の広告のように連絡先と名前が並ぶような状況になると、誇大広告はなくなります。

でも、これだと選ぶのに困ります。

「ビフォー・アフター」が将来的に出せなくなったとき、
どうやって、お店で提供しているサービスの良さや特長・効果を知ってもらえるか?

答えをお持ちでしょうか?

一つは情報発信だと思います。
単に専門的な情報を発信するだけだと、すぐに他に埋もれてしまいます。

では何を発信するか?

絶対的な答えはありませんが、

・人となり
・価値観
・個人的な経験

とか、その人ならではの情報(一次情報)が一つの答えになります。

だからと言って、今日のランチ!

とかだと、ちょっと違いますよね。

これを上手く表す言葉として、
元アマゾンのカリスマバイヤー土井英司さんは

著者のフィルター

という言葉を使っていました。

なるほど、と思いましたね。

誰が語っても同じ専門知識を配信するのではなく、著者ならではのフィルターを通して見えたものを配信する。

これなら、専門性も出しつつ、独自の見方考え方を表現できる。

そこに興味を持ったり共感したりした人がお客さんとして集まってくる。

というわけです。

著者のフィルター

意識したいですね。
 

 

PS
情報発信にはブログやHP、SNS回りの環境が必要です。その開設費用を国が一部立て替えてくれるかなりお得な制度があります。初めての方がオンラインで学べる情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どんなメール講座が届くのか?

 


メール1 バレエ教室の5軒に1軒が「これ」をして丁度良い

バレエ教室の先生がすぐに売上アップできて指導にも生かせる新サービス


 


メール2 売上を決めるたった3つのこと

バレエ教室の売上はこの三つで決まります


 


メール3 利益を5割増しにする現実的な方法

来月から利益5割増にするアイデアをご紹介


 


メール4 利益5割増しにする現実的な方法【実践編1】

具体的な方法の一つ目をご紹介


 


メール5 利益5割増しにする現実的な方法【実践編2】

具体的な方法の二つ目をご紹介


 


メール6 利益5割増しにする現実的な方法【実践編3】

具体的な方法の三つ目をご紹介


 


メール7 バレエ関係のお仕事を成功させる秘訣は「これ」です

ノウハウコレクターほど成果が上がらないという負のスパイラルから抜け出す方法


などなど。


 


本メール講座では、読者の方にターンアウトについての知識や、バレエ界でのダブルワークを支援するのに役立つ情報などを随時お届けします。


ターンアウトに関するネット上の記事のシェアから、解剖学、生理学を使ったターンアウトの解説、バレエのテクニックとターンアウトの関係、臨床現場からのレポート、海外の学術論文などの解説といったターンアウトの専門家になるために知っておきたい情報や、マーケティングやビジネスに関する情報も取り上げます。


バレエ教師やトレーナー、インストラクター、あるいは治療師として、バレエの世界で活躍されている方が、ターンアウトをキーワードにした新しい収入源を築くことに役立てて頂ければと思います。


 


バレエ界でのダブルワークを支援する

ターンアウト起業プロデューサー

長岐裕之


無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。