アラベスクでターンアウトがしにくい三つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バレエのステップの中でもターンアウトがしにくいと感じる人が特に多いのがアラベスク。

・膝が下を向いてしまう
・脚が高くあげられない
・骨盤が開いてしまう
・軸脚がパラレルになってしまう
などなど。

『動きの解剖学』という本の中に、股関節の動きの種類と前面に付いている靭帯の長さの関係が図示されています。

ターンアウトに関して、この図から読み取るべき情報は次の三点です。

1. 股関節の伸展時に靭帯がビンと張る。
2. 股関節の外旋時に靭帯がビンと張る。
3. アラベスクは股関節の伸展(上記1)+外旋(上記2)なので靭帯がピンピンに張る。

アラベスクは、1と2が合わさることでダブルでターンアウトがしにくくなるという訳です。

結論。
アラベスクはターンアウトがしにくくて当たり前(^_^;)
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~
ターンアウト起業メール講座への登録はこちら
banner mailmagazine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*