【だから筋肉が太いんだよ!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
エクササイズ中

「だから筋肉が太いんだよ!」

といわれてもしょうがないのに、当人はトレーニングを恐れてバレエのレッスン漬けになっている。
 
そんな、痛いバレエ教師があなたのまわりにいませんか?
 

運動生理学的に見て理にかなった、バレエには出てこないトレーニングの動きを見て、
 
「そんなことしたら筋肉が太くなる(;´∀`)」
 
とやりたがらない。

で、何をするかというと、余計な筋肉がつかないように、バレエの動きを反復して必要な筋肉だけつけると。
 
でも、それって鍛えられる筋肉が偏りますよね。
 
偏るのは筋肉だけではなくて、運動感覚もそう。
 
その結果はどうなるか?
 
特定の筋肉だけ発達して、特定の動きだけ上手になる。
 
言い換えると、弱い筋肉は弱いままで、バレエ以外の動きは不慣れなまま。
 
他ジャンルを踊ると様にならなくて、どれもバレエっぽく見える
 
その状態は、考えようによってはとても危険。
 
イレギュラーな事態が生じた時に、怪我しやすいですね。
 
いつも同じレッスン場なら比較的踊る環境としては安定しているかもしれません。
 
でも、舞台となるとそうは行きません。
 
床の材質、弾力性の違い。
 
場所による凹凸や滑り具合、継ぎ目の有無などなど。
 
居るべき所に相手がいない、自分がいない(~_~;)
 
予期せぬ落とし物。
 
シューズが脱げそう(~_~;)
 
などなど。
 
イレギュラーな事態があるのが普通というくらい。
 
それなのに、いつも決まった動きだけに偏っていたら、とっさの対応力に劣るはず。
 
結果的に、怪我しやすい。
 
これがバレエ教師だと、生徒たちもその状態に巻き込んでしまう。
 
指導者の思い込みは責任重大です。
 
舞台でバレエを上手に踊り続けたかったら、イレギュラーな事態に遭遇しても何事もなかったように踊り続けられるとっさの判断力と適応力が必要。

盲目的にバレエを反復している場合じゃないでしょっ!^^;
 
例えば、
 
・あえて不安定な状態を作って踊る。
・バレエと関係なさそうなトレーニングに挑戦する。
・他ジャンルのダンスのレッスンを定期的に受ける。

など。
 
そういった、「揺さぶり」が、イレギュラーな事態への適応力を高めます。
 
バレエ教師は、
 
「知らないうちに、こうあるべき」
 
と思い込んでいないか、そして、それが客観的に見て不合理なものになっていないか、チェックする必要があります。
 
ここで重要なのは、
 
「こうあるべき」
 
ではなくて、
 
「知らないうちに」
 
の方です。
 
意識に登っていないので、自分の意志で変えることが出来ません。
 
「他人の欠点は見えても自分のことは見えない」
 
筋肉が太くなるのを避けたかったら、友人やトレーナー、知り合いのバレエ教師など、バレエに詳しい自分以外の人の助言に耳を傾けることも、時には必要です。
 
そして、「あるべき論」は脇に置いておく。
 
これで生徒だけでなく、あなた自身も太い筋肉と怪我から身を守ることができるようになります。
  
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~
ターンアウト起業メール講座への登録はこちら
banner mailmagazine 

SNSでもご購読できます。