成功事例

【祝】バレエ教師が作った新クラスで補助金採択!

■4月に受講、5月に申請で補助金ゲット!

今年の4月にこちらの講座を受講したバレエ教師のSさんが、5月に補助金に申請し、見事採択されました。

 

「ご報告です!
 補助金、採択されましたー!
 ありがとうございます!」
Sさんからの第一報です。

 

申請した新クラスは、講座の中で作り上げた新しいクラスでした。

 

講座では、三日間の内容に合わせて、Sさんご本人の持っているさまざまな経験や能力を元に、そしてご本人が意欲的に取り組める新しいクラスを企画しました。

 

その新しいクラスで早速集客を開始し、形を作っていく過程で、タイミングを逃さず補助金の申請書を書き上げました。

 

この申請書は、講座の中でお渡ししたテンプレートを元に書き上げていただきました。

 

そして、見事締め切り前に必要書類すべてを揃えることが出来、申請に成功。

 

ここまでが一つの大きな山だったのですが、Sさんは諦めることなくやり遂げることができました。

 

そして、待つこと2か月。

 

先日、採択者の中にSさんの名前を見つけることができました。

 

これで、申請通りの事業計画を進めて行くと、国からの補助金を受け取ることができ、事業を拡大させることがスムーズに出来るようになります。

 

 

■ゼロから始まったクラス作り

このSさんも、講座受講時には、新しいクラスの構想はなかったわけです。

 

講座の中で、知識を入れ、ワークを行うことで新しく作り上げたクラスでした。

 

もし、あなたが、いま自分には具体的な事業のアイデアがなかったとしても、すでにバレエ教師や何かのプロとして活動されているのであれば、Sさんのように新しいクラスを作ったり、売り物を作ったりすることが出来るかもしれません。

 

いや、「具体的な売り物を作るにはどうしたら良いか?」と考えていただいた方が良いかも知れません。

 

その結果を出すために、この講座を使っていただければと存じます。

 

 

■二年連続、受講生が補助金ゲット!

講座としては、昨年の受講生からもこの補助金の採択者が出ていますし、今年の受講生からも出ました。

 

二年連続となります。

 

テンプレートを使ったからと言って、初年度の申請書作成は決して簡単ではありません。
(テンプレートがないととんでもなく大変^^;)

 

今回Sさんは短期集中で書き上げられましたが、これは誰にでも出来ることではないと思います。

 

締め切り直前に駆け込みで仕上げようとすると、間に合わなくなる可能性が高くなります。

 

理想的には、半年から3か月前ぐらいから書き始めて、何度となく修正を繰り返して仕上げていくのが良いと思います。

 

そして、一度書き上げることが出来れば、仮にその年、採択されてもされなくても、翌年からすごく楽になります。

 

体感としては、10分の1から20分の1くらいの労力で仕上げられるようになると思います。

 

あなたも、来年の補助金目指していまから準備を始めてはいかがでしょうか?

 

8月の開催日が決まりました。

 

こちらでご確認ください。

 

副業しないでバレエを教え続ける三つの方法

バレエなビジネスの目標

三ヶ月先まで予約でいっぱいが常態となっているバレエ整体師がいます。
 
仮にNさんとしておきます。このNさん、本業はバレエ教師であり、バレエ教室経営者です。
 
となると、バレエ整体師は副業でしょうか?
 
見方によっては副業といえるかもしれませんが、本業のバレエ教師の役目は、
 
生徒さんのバレエの実力を高めること
 
なので、目標には叶っています。
 
当方はバレエ教師としてこのパターンは十分ありだと思っています。
 
その理由を述べる前に、
 
続きを読む

日本のバレエ界が、活況でありますように

バレエなビジネスの目標

「すでに新規のクライアントを取れない程になってしまったので、それをなんとかするモデルを今度は作っていきたいと思います。」

と語るこの方は、新規のクライアントをお断りにして、値上げをしたのにキャンセル待ちのお客さんが並んでしまって捌き切れない、と嬉しい悲鳴を上げていらっしゃいます。

ご自分のビジネスを良くしたいと思ってビジネスセミナー等に参加される人は沢山いますが、期待通りの、あるいは期待以上の成果を上げる人はほんの一握りだと思います。

状況は十人十色なので断定的なことはいえませんが、成果が挙げられない人に共通する理由は、次の三つ(三大言い訳)と言われています。

続きを読む

「すでに新規のクライアントを取れない程になってしまった」

バレエなビジネスの目標

今年の一月から始まったこちらの勉強会、先日第4回が終わったところです。
 
既に受講生の方に目に見える変化が現れてきたのでご紹介します。
 
「この勉強を通して漠然としていたビジネスに輪郭が出てきたと思います。事業の特異性や優位性はわかっていても、どう突き詰めていけば良いかわかっていなかったと痛感しました。どう行動していけば良いかの指標が出来たことがまず1番大きい部分だと思います。
 
この勉強の効果かどうかはまだはっきりしませんが、すでに新規のクライアントを取れない程になってしまったので、それをなんとかするモデルを今度は作っていきたいと思います。(バレエトレーニングディレクター、猪野恵司さん、横浜市)」

続きを読む

ターンアウトの専門家になり成功した事例3

南部良太さん

ターンアウトの専門家になることをきっかけに、バレエ関連のお仕事の売上アップに成功した実例をご紹介します。

今回ご紹介する方は、
バレエ専門の整体院を開業し、事業を軌道に乗せようと頑張っている方でした。

ご縁は、
ターンアウト整体®に可能性を感じお会いしたことでした。

続きを読む