起業

受講生の声(バレエ教師)

■Q1. 本講座を受講する前にどんなことで悩んでいましたか?
今後のスタジオ経営全般について、どのようにしていくべきかを模索していました。

■Q2. 何がきっかけで本講座に申し込みましたか?
今回が、自分にとって様々な面から受講する最後のチャンスになると思いました。

続きを読む

受講生の声(理学療法士)

マーケティングセミナーを受講しました。「売り物」を作ること、誰に売るかということには、知らないことがいくつもありました。売るためには何か必要なのか、少し見えてきました。(理学療法士、K.C様)

受講された講座はこちら

受講生の声(売れっ子バレエ整体師アカデミー)

受講生の声12345


 

受講生の声1

Q1:ターンアウト整体師養成講座を受ける前にどんなことで悩んでいましたか?:

タイマッサージセラピストとして一般のお客様を相手にリラクゼーションマッサージを提供していたが、自身がダンサー出身であり、バレエをやる人のパーソナルトレーニングも担当していたため、ダンサー向けのボディコンディショニングでいいアプローチ方法がないか悩んでいました。

また、私自身も生徒やクライアントの多くがターンアウトについて悩んでいたため、この問題を解決するアプローチがないものかと考えていました。

 

Q2:何がきっかけで、このターンアウト整体師養成講座を知りましたか?:

もともとダンシングFunのワークショップや講座に興味があったので、何か面白い講座ないかな、と、なんとなくHPを見ていたところ、

「ターンアウト整体養成講座」

という文字を見つけ、これだ!!と思いました。

 

Q3:ターンアウト整体師養成講座を知ってすぐ申込みましたか?申込まなかったとしたらなぜですか?:

知ってからすぐに説明会の申し込みをしました。お話を聞いてからすぐに申し込んでも良かったのですが、今の仕事と両立出来るか、施術場所は確保出来るか、投資した分の回収はどれぐらいで出来るか、何よりお客様に幸せを運ぶことが出来るか、の視点から1ヶ月ほど悩みました。

 

Q4:何が決め手となってこの講座を受講しましたか?:

最終的には、施術を受けて、自分自身の股関節の可動域が広がり、ターンアウトがしやすくなったことに感動して、その場で決めました。

 

Q5:実際に受講してみていかがですか?

・解剖学を体系的に学び直せたところ

・施術にあたって、どのようにクラインアントにアプローチするかの原理原則を 知れたこと。

・アプローチ方法が型にはまらず、お客様の為になれば原理原則から応用した技術をどんどん使っていいと言ってくれるところ。

・ビジネスモデルを作るにあたり、豊富なアドバイスがもらえること。

・マーケティングを全く知らない私にも根気強くマーケティングの必要性を語ってくれたところ

(安西千紗 様、34歳、タイマッサージ師、ダンサー)


 

受講生の声2

(受講生の声1の方が、営業を始めて1年3か月後に頂いた声です)

ターンアウト整体®を始めて早くも1年3か月が経過しました。

その間にのべ200件以上の施術をさせていただき、たくさんの学びがありました。

バレエや踊りを愛するみなさまの身体と向き合いながら、試行錯誤を繰り返す日々に大きなやり甲斐を感じております。

大人から始めた方もいれば、小さな頃からバレエを続けてコンクールに励んでいるお嬢様もいらっしゃいます。みなさまバレエを始めた動機は様々で、それぞれの目標に向かって日々邁進している姿はバレエに対する愛や情熱を感じ、胸が熱くなるほどです。

今までレッスンで散々ターンアウトと言われてきたが、何をどうすればターンアウト出来るようになるのか、いまひとつわからない。ご来店される方からはそんな声を良く聞きます。私はバレエピラティスのパーソナルトレーニングも並行して行っていますが、ターンアウトの仕方は想像以上に緻密で、あらゆる筋肉を協調させて行う必要があるため、なかなか習得するまでに時間がかかるのも事実です。ターンアウトはバレエや踊りを愛する人にとって、永遠の課題なのですよね。

しかし、そんな難しいターンアウトですが、ターンアウト整体®で股関節可動域を最大限に引出し、正しいターンアウトの仕方を伝えることで、今まで感じたことのない、ターンアウトのしやすさ、踊りやすさを感じてもらうことが出来るのです。

これは、その方に更なる成長と可能性を感じてもらえることであり、さらにバレエや踊ることを楽しんでもらえるようになることにつながります。身体の変化に驚き、手ごたえを感じた時の嬉しそうなお客様の笑顔はきらきらしていて、その先に広がる可能性に一緒にわくわく出来る瞬間は最高のご褒美です。

コンクールの入賞や海外留学への道、そしてプロへの道のりをサポートする形で共に歩んでいけること、そして、純粋にバレエや踊りをもっと楽しみたい、という方と、日々の成長を共に喜び合えることは本当に大きな幸せであり、大きなやり甲斐です。

これからも日々勉強を重ねながら、みなさんの素晴らしいダンサー人生をサポートしていきたいと思います。

(安西千紗 様、34歳、タイマッサージ師、ダンサー)


 

受講生の声3

 この講座は、よくある整体学校や講座とは完全に異質なものといっても過言ではないでしょう。暗記を中心とした知識重視や、技の名前や手順をひたすら覚える技術重視の講座とは違って、この講座で学ぶ知識は直接臨床のイメージにつなげることができます。技術は、マニュアルや手順を覚えるものではなく、原理を理解することで自分で作り出すというものです。

 技術の名前と手順を覚える学習方法に慣れていた私は、当初この方法にかなりとまどいました。原理を理解しなければ前に進まないからです。技術の手順を覚えればよい、という安易な考えは捨てざるを得ませんでした。

 講師の先生は、大勢の人を対象に教えるためのような一方的な講義ではなく、講座の中で繰り返し自分自身で考える時間を与えてくださり、確実に原理の理解へ導いてくださいました。自分で考え、悩み、答えに近づくことが身に付くと実感することになりました。

 今までとは違う方向からのアプローチであるがゆえの戸惑いや緊張も初めのうちだけで、回が進むにつれ徐々にその戸惑いもなくなり、その方がはるかに臨床では楽になるのだという実感が湧いてきました。

 理解力も記憶力も乏しく自信が全くなかった私が、講座が終了する頃には、確実にステップアップすることができ、開業する自信も出てきました。

ここまで導いてくださった長岐先生には、本当に感謝しております。

 もし、ターンアウト整体師になろうかどうしようかとお悩みの方がいらっしゃったら、「悩んでいる時間がもったいない!一歩前に踏み出せば道は拓ける!」とお伝えしたいです。

(N.H様、治療師、43歳)


 

受講生の声4

18歳からプロのダンサーをめざしてからほとんど毎日レッスンをしていました、(それから20年ぐらい)

バレエのレッスンでは、おしりを閉めろ、腹を固くしろ、と根性で頑張っていたと思います、股関節が開いていないのに足元で開く癖が身に付き、膝の故障、外反母趾になっていました、リハビリにピラティスを学び、整体 フランクリンメソッドでからだの機能を学び、いかに私のからだの使い方が機能的でなく動きにくくしていたか、学んでいきました、

かなり改善されてきましたが、何かまだ股関節のあたりの違和感、固まった感じがあり、取り切れていないと感じている時にターンアウト整体に出会いました、

初めて施術を受けた時に、長年のレッスンで使っていたターンアウトの筋肉が固まったままになっている事、など教えて頂き、施術後は本当に長年の固まりつかえが取れ、本当にスムーズでアラベスク、スプリッツも楽にでき嬉しい感動でした。私のように痛めたり、遠回りしないで是非ターンアウト整体®を受けて頂いて、楽で動きやすいからだを皆様に届けたくターンアウト整体®を学びました、

ターンアウト整体®ターンアウトについて、楽しく深く知ることが出来ました、目から鱗といいう情報もたくさんあり、ターンアウト整体の基礎をしっかり学びました、長岐先生は本当にわかるまで、気を長く教えてくださり感謝です。

施術後の皆さんの変化が素晴らしく、改善されています、これからも日々勉強してより良い施術が出来るように心がけてて行きたいとおもいます。

(M.H様、ジャイロキネシスインストラクター、50歳)


 

受講生の声5

受講のきっかけは、「新バレエ上達法」でした。生理学に裏打ちされた解説に納得がいき、こういう考え方をなさる先生ならきっと講座も楽しいに違いないと思ったからです。私も治療をする仕事なのですが、先生の技術を自分の患者さんにも応用してみたいという思いもありました。

授業は前半は機能解剖学、生理学が中心ですが、自分にとっては新しい知見を先生が惜しみなく教えてくださり、毎回驚きの連続でした。質問にもきちんと書籍を見せて説明してくださったのも、学ぶものとしては、ありがたかったです。後半は実際にターンアウト整体を患者さんに行うロールプレイングをしていただきました。施術はもちろん、カルテの記入や計測の仕方まで細かく、丁寧にご指導くださり、感謝と感激の最終日でした。

授業の合間に、現在の日本のバレエ界の問題や、海外での話も聞かせていただきました。私もバレエを習っている身として、バレエを教えている人こそ、この講習を受けるべきだと強く思いました。バレエ講師やダンサーを治療するスポーツトレーナー、治療家にはぜひ受けていただきたい講座です。

きっと視界が広がることでしょう。

長岐先生のバレエへの熱い思いを一言一句から感じられた講座でした。

本当にありがとうございました。私も今後の臨床に応用させていただきます。

先生どうぞお元気でお過ごしください。

(H.K様、鍼灸師、57歳)

 
バレエ界のダブルワークを実現させる
売れっ子バレエ整体師アカデミーのご案内はこちら

【経営者必見】来年度も国があなたの教室のパトロンになります

パトロン

経営者向けの速報です。
ダンサーの方も、トレーナーの方も、治療師の方も対象です。

平成28年度経済産業省関連第2次補正予算の概要

が発表されました。
教室の販促費を最大50万円国が立て替えてくれる補助金(小規模持続化補助金)も決定しています。

販促費とは、チラシやHP制作、内装工事など売上向上のための経費のことです。

予算120億円が、採択された事業者の販促費として振り分けられます。

いわば、この補助金は「現代のパトロン」

ダンス教室でも新体操教室でも、もちろん他の事業者でも、販促費の一部として活用することができます。

続きを読む

25年ぶりに再会したセミプロ二人の人生を分けたもの

二人の友だち

プロとしてダンスに関わっている皆様へ
 
25年前の春、二人のセミプロダンサーがいました。
二人は、年齢が同じで、通うスタジオも同じでした。
 
レッスン中、
どちらもお手本を任されるほどダンスが上手で、
生徒からも先生からも一目置かれる存在でした。
 
続きを読む

副業しないでバレエを教え続ける方法の一つを実践したい方へ

本号では、前号で提案した

バレエ教師でありながら、体作りのプロにもなる。
 
という案の実践編をお送りします。

当方がおすすめしているのは、本業を補強するパターン。

基本的に、目的を共有する二つの別な職業を一人で実践するようなパターンがこれに相当します。
 
これは、複数の成功事例でご紹介した通りです。

 クライアントさんのバレエの上達
 
という目的で考えると、
既存の職業で真っ先に思い浮かぶのがこの3つ。
 
続きを読む

生徒ゼロからスタートして100名のバレエ教室に育てる7ステップ

バレエ教室に集まる子どもの生徒さんたち

バレエ教室開業応援企画!

【プロ経験ゼロ、コネゼロ、生徒ゼロからスタートして、生徒100名のバレエ教室に育てる7ステップセミナー】

近い将来、バレエ教室を開きたいとお考えのあなた。いま感じている不安を少しでも減らして、開業後の失敗を少しでも減らして、自分の城を築いてみませんか?
 
バレエ教室の開業物語は十人十色ですが、ひとつの参考事例として、ある実在するバレエ教室の試行錯誤を、これから開業するあなた向けにアレンジした物語としてお話します。
 
なぜ、こんなことをお話するのかとお思いですか? それは、
 
続きを読む